ホワイトの特色

「きくばり」

利用者様1人1人を尊重し、そのニーズ(解決すべき課題)を明確化し、利用者様のよりよいデマンド(要望)を達成できる「きくばり」のある相談支援を心掛けます。

「つながり」

地域社会と連携して、利用者様のニーズ(解決すべき課題)に最適な社会資源の提案を心掛け、フォーマルな視点とインフォーマルな視点の両方から「つながり」のある支援のお手伝いを致します。

「わくわく」

常に利用者様に寄り添い、そこからご本人の「強み」、「意欲や興味」を見つけ出し、それを生かした支援計画を立案することで、ご利用者様やご家族の変化や成長を通して、「わくわく」を引き出せる支援を目指します。
※調剤薬局グループを母体としておりますので、服薬管理や相談に関して専門的なアドバイスを提供いたします。

ホワイトの支援

サービス等利用計画の作成やサービス事業者・市町村等の連絡調整を行います。

また、支給決定されたサービスの利用状況をモニタリング(評価検証)を行い、サービス事業者との連携をはかります。

ホワイトのご利用

障害者、障害児または発達に心配をお持ちの児童やご家族が対象になります。障害手帳の有無は問いません。

また、相談は無料です。相談支援サービスに係るご利用者様の費用負担はございません。

相談支援利用の主な流れ

①相談受付新しくサービスを利用したい場合や困ったことがある場合は、相談支援事業所や市町村の障害福祉課にご連絡して下さい。
②相談支援事業所との契約サービス等利用計画作成を依頼した事業所より説明を受け、利用契約を結びます。相談支援専門員が自宅等を訪問し、ご本人やご家族より直接お話を伺い、「サービス等利用計画(案)」を作成し、市町村に提出します。支給決定に必要な認定調査や区分認定が市町村によって実施されますので、支給申請書など必要な書類を提出してください。
③受給者証の受け取り市町村は「サービス等利用計画(案)」にもとづいて、利用できる福祉サービスの内容や量を決定し、受給者証を発行しますので大切に保管してください。
⓸サービス担当者会議への参加相談支援専門員が、受給者証や「サービス等利用計画(案)」にもとづいて、利用できる福祉サービス関係者を集めて会議を開きます。その際にはご本人やご家族の希望もお話ください。(会議は必要に応じて数回開催されることもあります。)
⑤サービス利用開始サービス担当者会議での内容を受け、相談支援専門員が「サービス等利用計画」を作成します。その後、本人やご家族が利用する事業所と契約をして、サービスの利用がはじまります。
⑥モニタリング「サービス等利用計画」と受給者証にもとづいて、相談支援専門員が定期的にサービス利用等の把握(モニタリング)いたします。サービスの変更を希望される場合はご相談ください。

~ 相談について ~

ホワイトでは、ご本人やご家族からのご相談をお受けいたします。

例えば……

〇 働いてみたいな~
〇 通院や服薬に不安があるけど…
〇 家事や掃除で困っている…
〇 子供の発達面や進路、将来が不安…
〇 生活リズムやごみ捨てをなんとかしたい…
〇 余暇を楽しみたい…
〇 住んでいる所にどんな福祉サービスがあって、どのような利用が出来るのだろう…
〇 お金の管理に関して不安がある…

などといった様々なご相談をお受けいたします。また相談日程や相談場所のご希望に応じて対応致しますのでお申しつけ下さい。