上本町町内会として本店から3名参加しました!


11月3日(日)に、天文館周辺の電車通りで行われる「おはら祭り」に参加してきました。今回は鹿児島市制130周年を迎えた第68回となりました。白男川薬局も毎年参加しており、今年も上本町町内会として3名参加しました。おはら祭りは戦後の昭和24年に市制施行60周年を記念して鹿児島に活気を起こそうというコンセプトで行われています。毎年2万人を超える踊り手さん達が鹿児島を代表する「おはら節」や躍動感あふれる「オハラ21」など時代とアレンジされ今では南九州最大のお祭りとして発展してきました。

踊り手として参加したスタッフにインタビュー
町内会や鹿児島と一体になれている感じがある


業務で関わるお客様やスタッフにも普段の生活があります。そして、住んでいる地域があります。その地域と関わることで少しでも地域に恩返しができればと思って参加させていただいています。また、業務で関わることがない方々ともお話することができ、白男川薬局を知っていただいて仕事の中でもお手伝いすることで、さらに地域の方々にも恩返しができると思います。

実際に踊ってみた方が楽しいですよ


踊りを見る側としても来たことはありますが、やっぱり踊りに参加した方が楽しいです。
以外に身体を動かすので汗もかきますし、健康にもいいと思います。

緊張しましたが踊ってみたら楽しかったです


今年で2回目の参加で踊る前までは緊張していましたが、踊ったらすごく楽しいです。仕事終わりに1時間程度みなさんと練習しました。
こんな大人数の踊り手さんと踊ることはなかなか体験できることではないので、ぜひ多くの方に参加していただきたいです。