総勢23名のお子様にご参加いただきました!


7月29日(月)・30日(火)に、白男川薬局本店(鹿児島市上本町3−17)にて、「なつやすみ☆こども調剤体験☆」が開催されました。普段は知ることのできない薬局のお仕事を実際に子ども達に体験してもらい、夏休みの自由研究としても面白い内容になりました。開催は午前の部と午後の部に分かれて開催されました。白男川薬局からはそれぞれ3名のスタッフで参加し、23名のお子様の調剤体験のサポート・お薬が分かれている理由の説明など

こども調剤体験に来られた親御さんにインタビュー
こども目線で教われて大人にも分かりやすかったです


夏休みの自由研究に役に立つと思って参加してみました。普段は知ることのできない調剤薬局のことを知るいいきっかけになりました。
子どもにも分かりやすくお菓子を使って処方箋が手元に来るまでのお仕事を教えられていて、大人の私たちでもとても分かりやすかったです。
薬だけじゃなく健康食品も扱われているのも初めて知って、食事のバランスなど健康に関わることも気軽に相談できそうでした。

お薬の飲むタイミングを分けたり、粉薬・塗り薬を調合しました。
昔ながらの紙に包む粉薬や機械を使ってお薬を分ける作業も子ども達は興味津々でした。


「白衣を着て、少し緊張した様子で始まった『こども薬剤師さん』たちでしたが、調剤体験をとおして、楽しく薬剤師の仕事を学べたのではないかと思います。体験会が終了して薬剤師になりたいと言ってくれたり、お礼の手紙を送ってきてくれたりする子がいて、とても嬉しかったです。」